前へ
次へ

結婚というのはあくまで制度ではあります

結婚をするということには婚姻届を出すという行動が必要になってくるわけですが色々と条件をクリアしていると事実婚という形で結婚している状況と同じようなことであると認定されることもあります。
但し、税金的の遊具とかあるいは会社からの様々な手当などのことを考えますときちんと手続き上のしっかりとした結婚をしていた方が良いということはほとんどでしょう。
結婚とは契約でもありますから、お互いに権利がありお互いに義務があるということになっていますのでその点は注意しておきましょう。
また、結婚していい範囲というのがあるわけですが国によって違ったりします。
日本だと4親等を超えていないといけないということになっているということにもなっています。
これは日本の話であり、海外にいくと若干事情が違うことがあったりしますから、注意しておきましょう。
結婚とはその国の文化の一つでもありますから形式も制度もまったく違うということはよくあります。

Page Top